ハーモニーフィールズ

ヨーラン・モンソン・バンド

スウェーデンで、もっともスタイリッシュで楽しいフォーク・トラッド・バンド。モダンでファンキーなリズムとインプロヴィゼーションを混ぜ合わせた、北欧の深い森のサウンド。 スウェーデンで最も革新的なフルート奏者の「ヨーラン・モンソン」、パーカッションのスペシャリスト「ペッテル・ベルンダーレン」、ダイナミックなギタープレイヤー「ダニエル・エーク」による コラボレーションが、終わることのないグルーヴを創り出す…。

ダニエル・エーク Daniel Ek

ギター

スウェーデンを代表するフォーク・ギタリスト。スウェーデン北部のヴォッレリムという町で生まれ育つ。初めはブルース・ロックギターを演奏していたが、ある日クラシックの魅力にとりつかれ、ピテアの音楽学校でヤンーウーロフ・ エリクソン教授にクラシックギターを教わった。また、子供の頃からスウェーデンのフォーク・ミュージックに慣れ親しんできた彼は、スウェーデンのフィドル曲をどうしたらギター演奏できるのか、 ということに興味を持つようになった。彼の演奏からは、クラシックとロックの両方に影響を受けていることが分かる。

ペッテル・ベルンダーレン Petter Berndalen

パーカッション

1975年生まれ。ヘルシングランド州のボルネースで育つ。現在の活動拠点は首都ストックホルム。ペッテルはドラム演奏の概念をひっくり返した。長年スウェーデンのフォークミュージック のフィドル奏者のメロディーに刺激を受けきたことが、自身の演奏法を形成した。彼はフィドルソロを勉強し、その細部を自分のドラム演奏に適応させることで演奏スタイルを確立させた。 2008年にストックホルムの王立音楽学校をスウェディッシュ・フォークミュージックの博士号を持った世界で初めてのパーカッショニストとして卒業。 ソロアーティストとしてスウェーデンをはじめ世界中で多くのバンドやプロジェクトで活動している。日本へはヤーラルホンとヨーラン・モンソン・バンドとして3回来日した。 http://www.berndalen.se/

「驚くべきかっこ良さ、全く以てユニークで完璧な仕上がりだ。しかし、最も注目すべきは彼が作る音がフリースタイルのジャズや ワールドミュージックではなくフォークミュージックだということだ。スウェーデンの伝統的フィドルを勉強してその統語論を自分の演奏に適応させている。 Petterは自分のパーカッションキットを伝統にフィットさせる方法を見いだした。」(Po Tidholm,Dagens Nyheter)