ハーモニーフィールズ

コルミッコ kolmikko

2015年北欧のミュージシャンと親交がある、アコーディオン奏者 「かとうかなこ」を中心に結成。メンバーは北欧でよく使われるフレームドラム(タンバリン)を演奏する「田島隆」、 南米スタイルのギターを得意とする「愛川聡」のトリオ。 フィンランドやスウェーデンの伝統的なダンス曲、ポルカ、ポルスカ、タンゴなど北欧の白夜や雪景色を感じる魅力的なレパートリー。 またそれぞれの個性豊かなスタイルから生み出される オリジナル曲が さらに森の世界へと誘う。kolmikko(コルミッコ)とは フィンランド語で「三人組」の意味。

Kolmikko is a trio of accordion, flame drum and guitar players formed in 2015. Kanako Kato, an accordion player takes a leading part in a trio. She is a friend of a lot of Nordic musicians. Takashi Tajima plays flame drum(timberline) which is a standard instrument in Nordic countries. Satoshi Aikawa is good at playing South American style' guitar. Kolmikko's repertoires are Finnish and Sweidis dance music, Polka, Tango and Polska. You can feel the midnight sun and snowy landscape in Nordic countries from their music. Kolmikko means "a trio" in Finnish.

kolmikko(コルミッコ)

2017年7月13日(木)
19時OPEN 19時半START
会場:Dbar@大阪・茨木(阪急茨木市駅東口徒歩2分)

かとうかなこ Kanako Kato / アコーディオン Accordion

大阪府豊中市出身。4歳からアコーディオンをはじめる。 17歳でアコーディオン コンクール総合優勝、全仏コンクール第1位を獲得。フランスより帰国後、 コンサート活動を中心に、舞台や演劇、映画などの音楽制作を行う。2015年 7枚目のソロアルバム 「華やかなる日」をリリース。また、ローランドから 発売された V-accordion FR-1のイメージアーティスト としてでプロモーション映像を撮影し、紹介されている。北欧のアーティストとの共演も多い。
Official website
Facebook

Kanako Kato
is from Osaka. She started learning accordion when she's 4 years old. She won overall Accordion Competition in Japan at the age of 17 and then she became a winner of Accordion Competition in French. After learning accordion in French, she produces concerts, composes music for theater and film etc. She released 7th album "Hanayaka naru hi" 2015. Kanako is a image artist of Roland's V-accordion FR-1. She's introduced in its promotional movie. She collaborates often with Nordic artists.

愛川 聡 Satoshi Aikawa / ギター Guitar

15歳よりエレキギターを始める。 青山学院大学卒業後にミュージック・カレッジ MESAR HAUSで、JAZZギターと音楽理論を学ぶ。また、同時期にガットギターに傾倒していく。 卒業後はJAZZ&Latinの演奏家としてJAZZスポットをはじめ、日本全国また海外でライブ活動を行う。日本の伝統楽器との活動も積極的に行っている。2008年にメキシコにて現地の日本大使館主催によりメキシコシティ三ヵ所でのコンサートを行う。 2013年に国際交流基金の主催によりカナダ3都市でのコンサートを行う。
Official website

Satoshi Aikawa
started learning electronic guitar when he's 15 years old. After graduating Aoyama Gakuin University he studied at music colleague MESAR HAUS. He studied jazz guitar and music theory. In this time, he made a commitment to play gut guitar. After graduating he performed as a JAZZ & Latin musician, touring in and out of Japan. He collaborates with Japanese traditional insrtuments. He has performed three concerts at Mexico city sponsored by Japanese Embassy of Mexico in 2008. And he has also performed in three Canadian cities sponsored by Japan Foundation in 2013.

田島 隆 Takashi Tajima / タンバリン Tambourine

タンバリンが好き過ぎて、世界中のタンバリンを演奏している。北欧でも フレームドラムとして、 よく使われている楽器。 2013年 ドイツのフレーム ドラムのフェスティバルにも 日本代表とした参加。また、オリジナルの タンバリンも製作し、ドラムセットの音を出しながらメロディまで奏でる事 ができる「タジバリン」 など様々なタンバリンを演奏。
Official website
Facebook

Takashi Tajima
loves Tambourine too much, so he plays Tambourine of all over the world. Tambourine is often played as a "flame drum" in Nordic countries. He performed at Flame Drum Festival in Germany to represent Japan in 2013. He also makes timberline himself. His original timberline "Tajiberline" can make sounds of drum set and melody itself. After his various tambourine activities, he is called now "Dr. Tambourine" and performs in many places as the only tambourine player in Japan.

フィンランドタンゴ FINNISCHER TANGO

フィンランドは、タンゴ発祥説があるほど盛んな国。 夏至の頃、6万以上ある湖のこの国では、湖畔でも多くタンゴフェスティバルが 開催される。シャイな性格の男性が多いフィンランドは、歌手に女性への熱い 想いを託す。また森や冬の雪景色を表したタンゴもあり、南米のタンゴとは また少し趣が異なる魅力がある2014年「白夜のタンゴ」という映画が日本でも 上映され、フィランド・タンゴが日本で広く知られるきっかけになった。
映画「白夜のタンゴ」