ハーモニーフィールズ

リーサ・レスタンデル Lisa Lestander

Lisa Lestander

リーサ・レスタンデルはウメオで1983年に生まれた。リーサはエヴァの姉である。彼女は9歳の頃にでトランペットを演奏し始め、13歳の時にウメオ音楽学校に参加し、聖歌隊として活躍し、 ソロシンガーとしても実力を発揮した。 その後、ファールン音楽学校に入学し、民謡や古典的な歌の両方を学んだ。卒業後に彼女はストックホルム王立音楽院で スウェーデンの民謡を学び、研究することとなる。そして現在はプロのミュージシャンとして、数々のスウェーデンの有名アーティスト、とりわけサックス奏者のJonas Knutsson、 ピアニストのMats Öbergとも共演。ウメオで開催されている音楽フェスティバル"Umefolk"のプロデューサーも務めている。
http://lisalestander.se/

エヴァ・レスタンデル Eva Lestander

Eva Lestander

エヴァ・レスタンデルはウメオで1986年に生まれました。 5歳の時、彼女はチェロを弾き始め、11歳で彼女は他のクラヤメンバーと同じウメオの音楽学校に参加。この学校で、今後の彼女の 将来に大きな影響を与えた「聖歌隊」に出会い、歌を学ぶことになる。その後彼女は14歳で民謡に心を奪われ、クラヤメンバーと出会った。高校を卒業した後、彼女はファールン音楽学校で 民謡や古典的な歌の両方を学んだ。その後もスウェーデンの音楽大学で彼女の学習は続き、歌唱教育の交換留学生として1年間オスロのノルウェー音楽アカデミーでも歌唱を学んだ。この頃、 彼女は同様にソリストとしての学びも経験した。彼女は現在クラヤとしての活動の他、ウメオのオペラ合唱団「Norrlandsoperan」をはじめ、聖歌隊としても活動を続けている。

フリーダ・ヨハンソン Frida Johansson

Frida Johansson

フリーダ・ヨハンソンは、スウェーデンのウメオ郊外の小さな町で1986年に生まれました。 彼女は4歳の頃から合唱団で歌い始め、9歳の時に彼女はバイオリンで、主に民族音楽を演奏し始めた。 一年後、若者が集まるウメオ音楽学校に参加。後に現クラヤメンバーと出会うことになります。この音楽学校での学びは高校まで続き、その後フリーダは、彼女がフィドルと民謡の両方を学ぶこと が出来るブルネスの音楽院に入学。フリーダはその間、Vaart,、Sakert!、 Araなどのバンドでプレイをし、民族音楽、ポップス、サーミ文化の影響を受けた音楽に現在も関心を持っています。 現在彼女はウメオ大学で、自らの音楽キャリアと連動して心理学を学んでいます。

リンネア・二ルソン Linnea Nilsson

Linnea Nilsson

スウェーデン北部の町ウメオで育つ。5歳の頃、両親のすすめで、地元のスズキメソッドの音楽学校でヴィオラを習う。 リンネアは良きヴィオラ奏者になろうと頑張ったが、13歳の時に断念。理由は「ウメオミュージック・クラス」で本当にやりたい楽器、フレンチホーンを見つけたこと。 フレンチホーンは19歳まで続け、トランペットやギター、ピアノなども演奏する。24歳の時にストックホルムでクラシックの歌唱法と演劇を学び、以降は「声」を一番の楽器として、 クラヤでの活動を中心に混合6重奏などでも活動している。現在は1歳娘の子育てと音楽を両立中

ゲスト ペッテル・ブレンダーレン Petter Berndalen 

Petter Berndalem

パーカッション

スウェーデンのフォーク・ミュージックにおいて、フィドルのソロメロディの役割に魅了されたことが、彼の演奏方法の基盤を作っている。ペッテルの目指すところは、フォーク・ミュージック に合わせた演奏をするのではなく、フォーク・ミュージックの本質を演奏すること。これを達成するため、フィドルの奏法を学び、その一秒一秒をパーカッションの奏法に適応させている。 スウェーデンのリズムを刻むパーカッショニストとして、Gjallarhorn、Tandoori Hill、[Ni:d]、BLM、Free Peacesなど数多くのバンドで活躍する。
http://www.berndalen.se/