ハーモニーフィールズ

「ストーム・ウェザー・シャンティ・クワイア」は、2000年10月に舟歌男ホーカン・ヴァートルによって結成。 この音楽の背景は、ホーカンが1997年より毎シーズン働いていたノルウェーの大型船 “SS Statsraad Lehmkuhl”からきています。

ホーカンは並行して、舟歌を専攻とする音楽の勉強もし、海に関する歴史や大型船の文化や舟歌に 興味を持っていました。 このクワイヤー(合唱団)は、ロック・ポップス・メタル・フォークなど、幅広い音楽的背景を持つ6人の好奇心あふれる若い乗船員から成ります。 結成以来、彼らは4枚のアルバムをリリースし、数多くの公演を重ねてきました。 ここ数年では「Langesund International Shanty Festival」やドイツで行われた 「Festival Maritim in Bremen」、「Telemarkfestivalen」、「Bergenfest 2006」などにも出演しました。

「ノルウェーで最も珍しいライブ・ロック/フォーク・アクト」とうたう彼らは、7つの海の歌をアカペラからフル演 奏まで、ロックンロール・スタイルで、常に想像以上の素晴らしいライブショーを繰り広げてくれます。 観客の反応は素晴らしく、この「小さな成功」の理由は、彼ら自身が楽しみ、またお客さんにも一緒に 歌ってもらうというスタイルが喜ばれるからでしょう。

クワイヤーの使命は、忘れられた歌の伝統を取り戻すことです。同時に、観客の皆さんや彼ら自身も 潮っぽいフォークミュージックの素晴らしさを経験し、楽しみたいと願っています。 古き真実の船乗りの姿を胸に、パワーやユーモア、尊敬が詰まった舟歌を与えたいと思っています。

「ストーム・ウェザー・シャンティ・クワイア」とは、まさに彼らの歌い方を反映した名前です。 彼らの歌はパワフルでソウルフルで、それは古き時代の船員たちもそのように歌ってきたのでしょう。 多くの人は、彼らの歌の解釈はまるで本物であるかのように言います。 彼らは力いっぱいに歌いますが、潮っからくてメランコリックな苦い歌のレパートリーもたくさんあります。

たいていの歌はアカペラで唄いますが、時にはマンドリンやフルート、ギターといった楽器も使います。 可能な限りマイクを使わずにコンサートをします。ホーン岬を 航海した時にはマイクなんて使わなかったのですから、パブで あっても同じようにできるはずなのです。 世界で一番勤勉なロックンロール・シャンティー・クワイヤー であると自負している彼らは、たとえどんな会場であっても 最高のショーをやってくれます。