4月16日 ヘルシンキへ Artic Paradise LIVE 2009 初日

今年で3回目となる、Artic Paradise LIVE 2009 に参加。

FINNISH MUSIC INFORMATION CENTER の主催で開催されるショーケースです。
今年の参加メンバーは、ハンガリー、エストニア、スウェーデン、ドイツ、アメリカ、カナダ、ノルウェー、メキシコ、スペイン、イギリス、オーストリア、ロシア、デンマーク、ベルギー、セルビア、ルクセンブルグ、そして日本。 フェスの主催者や、プロモーター、ライター、コンサートホール関係者など様々。 全員がバスで、コンサートやライブ会場に移動し見学。 食事をしながら意見交換など、朝から夜中までスケジュールがビッシリでした。

初日。2アーティストのコンサート。

マリア・カラニエミ(Maria Kalaniemi)

世界的にも指折りの女性アコーディオンプレイヤーです。
しばらく活動を休止した時期もあったが、昨年より活動を再開。ステージに出ると女王の風格に圧倒されます。完全に肩の力が抜け切っている感じですが、音の立ち上がりや、音の粒のグラデーションがあまりにも美しい。 今回は、コントラバスのPEKKA LEHTIと共演で、ベースの低音を埋め尽くす事なく、センスの良いアレンジで美しく且つ アグレシブな演奏に魅了されました。 マリアはフィンランド語で歌も披露し、最初からレベルの高い内容に大満足です!

mk001_02.jpg

フリッグ(Frigg)

次に登場したフリッグ。 フロントに5名のフィドル。 後ろにギター、コントラバス、マンドリン(バグパイプ他)の8名編成。 フィドルの中に‘紅一点’女性が1名。
この編成だと、何といってもビジュアルとしても華やかです。 若手とNo1と言われていますが、8年のキャリアがあり、4枚のアルバムをリリースし、 2007年には‘the Etno-Emma Award 2007’も受賞している実力派。 各国のプロモーターからも評価が高かったですね。

FRIGG.jpg

個人的には、マリア・カラニエミの演奏が強く印象に残りました。