ハーモニーフィールズ

パッション、ミスティシズム&ディライト~アンジェリーテ30年の軌跡(2CD・限定版)

発売予定日:2017年12月17日 ライスレコード/JAR-54003

神秘の歌声ブルガリアン・ヴォイスの最高峰グループ、その歴史を振り返る限定ボックス・セット

2枚組・ボックス仕様となる本作は、アンジェリーテと30年に渡って歩みを共にし世界のマーケットに紹介し続けてきたJAROが制作。CD1はベスト・アルバ ムとなっており、1987年公演のライヴ音源に始まり、神戸公演の抜粋など、スタジオ盤・ライヴ盤の両方から選曲してアンジェリーテの音楽性を歴史を一気に味わうことができる。 CD2はコラボレイション・ベスト。ジャズ歌手ボビー・マクファーリンとのライヴ録音、トゥヴァ共和国のホーメイ・グループ、フーン・フール・トゥ、ジプシー・ブラスのファンファーレ・チョカリーア、 トルコ・ポップスの女帝セゼン・アクス、プログレ系ヴァイオリン奏者エディ・ジョブソンなど。 60ページのブックレット(長文のライナー、関係者のエッセイ、編年体のヒストリー、公演一覧、多数の写真を掲載)。

アンジェリーナ

2013年 ライスレコード/JAR-643

ブルガリアの原風景を思い起こさせる歌声。現在のポリフォニー・ヴォーカルの最高峰の注目作!

単独のスタジオ録音作としては10年ぶりのリリースは、原点回帰。 その回帰しようとしている総勢20名ものヴォーカリストらが発する複雑なメロディ・ラインや変拍子を含む難解なリズムが絶妙に絡み合い、まるで万華鏡を彷彿とさせる色彩豊かなヴォーカル・アンサンブルを楽しませる点は、まさにブルガリアン・ヴォイスの醍醐味。

そこにプリミティヴなパーカッション、バグパイプといった楽器が曲によってフィーチャーされ、さらにミステリアスな音世界へと誘う。 伝承曲、オリジナル曲、「カラカチャニ」と呼ばれるブルガリアのマイノリティとなる遊牧民の音楽も取り上げている。様々な文化・民族が入り交じった国ブルガリアの原風景を 思い起こさせるような実に多彩でエモーショナルな作品。郷愁を帯びた素晴らしいジャケットと共に、ブルガリアン・ヴォイスの不思議な魅力を再びぼくらに伝えてくれる本作。

CD購入(Harmony Fields Online Store)

アンジェリーテのクリスマス Angels' Christmas

2013年 サンビーニャ・インポート/JASI-23098

単独作では2000年代最後の作品となったクリスマス・ソング集

教会の鐘の音ではじまる本作は主にブルガリアで親しまれているクリスマス・ソングを集め、また「きよしこの夜」などもブルガリア語でうたっている。2003年作。

CD購入(Harmony Fields Online Store)

バルカン・パッションズ Balkan Passions

2013年 ライスレコード/JAR-5335

多彩なゲストでバルカン半島を描いた傑作

ブルガリアはもちろん、ルーマニア、ギリシャ、マケドニア、アルバニア、クロアチア、セルビア、トルコ、とバルカン半島がテーマ。 ゲストには「トルコ・ポップスの女帝」セゼン・アクスをはじめ、ギリシャの女性歌手マリア・ファラントゥーリ、そしてルーマニアのジプシー・ブラスバンド、ファンファーレ・チョカリーアまでもが参加。 2001年作。

CD購入(Harmony Fields Online Store)

マーシー・フォー・ザ・リヴィング Mercy For The Living

2013年 サンビーニャ・インポート/JASI-23096

ブルガリア正教の教会でうたわれる古今の聖歌の歴史をたどる

ブルガリア正教の聖歌を古いもので10世紀、新しいもので20世紀につくられたものを取り上げている。あの不協和音を含むパワフルなコーラスは控えめなものの、 その旋律はやはりブルガリア。1999年作。

CD購入(Harmony Fields Online Store)

ラレ・リ・シ Lale Li Si

2013年 サンビーニャ・インポート/JASI-23097

グラミー賞にノミネートされた名作ライヴ盤2枚組の編集盤

92年イタリアのバンドとポップな楽曲を競作し、打ち込みまでも使用したアルバムを発表して大ヒットを記録。そのアルバムはグラミー賞でノミネートされたが、 また同時に伝統的なスタイルを集めた2枚組のライヴ盤もリリースし、そのアルバムも同賞でノミネート。その2枚組の音源を厳選し1枚にまとめた編集盤。

CD購入(Harmony Fields Online Store)

ミステーリ Mysteries

2013年 ライスレコード/JAR-5336

ドイツの古楽グループ・サルバンドとの共演作

ヨーロッパ音楽の原型を模索する古楽グループ・サルバンドが共演。13~14世紀の写本に残された合唱曲を果敢にもブルガリアン・ヴォイスとミックスし、 また倍音の多い楽器を駆使したアンサンブルと地声コーラスとの組み合わせは、ヨーロッパに潜むアジア的な響きも感じさせる。1991年作。

CD購入(Harmony Fields Online Store)

ア・カテドラル・コンサート A Chathedral Concert

2013年 サンビーニャ・インポート/JASI-23095

記念すべきファースト・アルバム

86年にイギリスのインディ・レーベル4ADが70年代のアルバムを再発したところから世界的な評価を得たブルガリアン・ヴォイス。 その大きな評価を得て、87年にドイツ北部の都市ブレーメンの大聖堂でのライヴを収録したのが本作だ。あの分厚いコーラスだけでなく、ソロ、デュオ、トリオによる歌唱も収め、 またブルガリアの伝統楽器の伴奏も入り、その楽器のソロ演奏までを収録。1987年作。

 The Bulgarian Voices ANGELITE - Dumba
 Bobby McFerrin & The Bulgarian Voices Angelite - Tapan Bie
 The Bulgarian Voices Angelite - Dragana I Slavei
 The Bulgarian Voices Angelite - ディズニー映画 Brother Bear