アコーディオンで聴く NorwayとSwedenのワルツ☆

『グランママン』 フランス語 おばあちゃんの意味。

アコーディオン奏者 かとうかなこが パリの蚤の市で見つけた、推定年齢90歳のアンティークアコーディオン。 時間を掛けて、修繕し今は 驚くほどよい状態です。
音色や音の波、音の芯が 今のアコーディオンでは絶対出せない 素晴らしいもの。
北欧には、美しいメロディーの曲が沢山あって、是非このアコーディオンで演奏して欲しい!と思う曲を 収録してもらったのです。

Norwayに行った時、フォーク界の貴公子と紹介されてた フィドル奏者の
Gjermund Larsen(イェムンド・ラーション)。 カフェで聴いた Arrivalsという曲が忘れられず、その時からアコーディオンに合う! 直感で感じました。

◎myspaceで試聴できるので、聴き比べしてください ⇒ こちら
かとうかなこ のグランママンは 現在試聴できないので、購入してください~。

以前収録した アレ・メッレル(Sweden)の 夏のワルツも、ギターとニッケルハルパで再収録しています。

jacket_MINI.jpg


~ 90歳のアコーディオンとフランス蚤の市で奇跡の出会い~

『グランママン Grand-maman francaise/かとうかなこ』
08/27 リリース TAKI'S FACTORY
TAKI-6004 1,800円(税込) 全6曲。