祈り

私達 音楽関係者は、最も電力の恩恵を大きく受けている分野のひとつです。
今日も関西地方は、電力を日常と変らない状況で過ごさせて頂いています。

日本は古来より、「八尾万の神」として、石ころや空気に至るまで、全て
のものに神が宿り、命が存在し、影響しあうものとしてきた大切な「大和心」
という歴史・文化があります。

今 最も大きな問題となっている 放射能汚染。
電力の恩恵にしっかりと感謝しつつ、電子ひとつひとつ語りかける気持ちで、
1日でも早く放射能流出が止まりますように、時間のある限り心からの祈り
を届け続けていきます。

私ども「関西大震災」を経験した者にとって、それを遥かに超える甚大な
被害への 心の痛みは計り知れないものです。
日々、この事について 考え、語り会い、具体的な行動に繋げていきます。

この地震で 一番最初の 連絡をくれたのが、ノルウェーのラップランド地域に
住む、ヨイク歌手の Johan Sara Jr.。
厳しい自然の中に住むヨハンからのメッセージは、本当に力を与えてくれるものでした。

Johan_sara_jr_foto.jpg