ウッラ・ピルッティヤルヴィ Profile

Ulla Pirttijärvi

6.jpg

 » ウッラ・ピルッティヤルヴィの詳細

ウッラ・ピルッティヤルヴィは、フィンランド北部出身のサーミ人アーティスト。 ソロの2作品は、ワーナーミュージックからリリースし、世界流通で紹介されている。
特に アルバム Ruossa Eananは、日本でも話題となった「atriumレーベル」の中でも、レーベルの象徴的な作品として紹介されており、日本でもmusee(Tower Record誌)などで高い評価を受けた。2008年には、「第30回記念サッポロ・インターナショナル・ナイト」に招待され、メインパフォーマーとしてヨイクを披露。

ウッラは、ウルスラとトゥーニのランスマン姉妹が結成した、女性ヨイクグループ「アンゲリン・テュトット Angelin_Tytöt 」で長年活動し、ヴァルティナの要素の音にヨイクの歌声を織り交ぜたことでも人々の注目を集めた。その後、ソロ活動を開始。 ヨイクの 魅力をより多くの人に知ってもらうため、チェロやシンセサイザー、サックス、ギターといった楽器とヨイクとのコラボレーションを積極的に行う。とりわけ、ノルウェー人プロデューサーで トランスヨイクのメンバーでもある、フローデ・フェルハイムとの活動は盛んで、フローデによるプロデュースで「フローデは私のヨイクに最も相応しい風景を作り出してくれる編曲家」だという。ウッラの感情豊かなヨイクと新しい音楽要素を取り入れたコラボレーションは、素晴らしい批評を受けている。


Cry of the Wolves




Gadja Nilla