NEW COOL COLLECTIVE 来日!

「オランダ」と「徳川家康」?!

今年2009年は、徳川家康がオランダに公式な通商許可を与えてから、400年の記念年になります。 凄い様な、ピンと来ない様な…。 元日本史好きの私には、ちょっと心躍るキーワードです。
東京JAZZでは、この記念年に、Dutch Jazz Gardenを開催。東京国際フォーラム 地上広場でNEW COOL COLECTIVEも出演します。

ダッチジャズガーデン.jpg

NEW COOL COLLECTIVEは、
9/5(土) 19:15~
9/6(日) 13:00~
東京国際フォーラムでライブが無料で見れますので、是非いらしてください~。

ダッチジャズガーデン 2.jpg

そして、6日の夜は東京ブルーノートでは、彼らの演奏をたっぷり聴いて頂けます!
詳細は >>こちら
 

デンマークのお土産

デンマーク お土産.jpg

デンマークから帰国し、明日オランダから来日のNew Cool Collectiveの来日準備に追われています。
いつもの海外出張は、ライブを沢山沢山見て帰るのですが、今回ちゃんと見たのは、ソフィアと一公演のみ。それ以外は、姉家族の住む のどかな田舎町のスーパーに行ったり、ヤマモモの長い細道を散歩したり、隣のおじいちゃんとお話をしたり…デンマークの空気が吸える時間を過ごしてきました。

久しぶりに、ソフィアのステージを楽しみ、そこでコンサートを楽しむお客さんの姿を見て、何だか 表面的にしか音楽を伝える事しかできてなかったぁ~と深く反省。
もう一度、この地の歴史や人柄を伝えるコンサートをしよう。
ちゃんと日本の良さを伝えるお迎えをしよう。

そう思いました。

デンマークに一年限定で住む姉夫婦は、「教育がその文化を象徴する…」と話していました。小さな子供を見ていると、国境は感じないものですね。

デンマークとドイツのスーパーなどで購入した食品やエコバックなど…。近々、『HarmonyFields 10周年企画第二弾』で、プレゼント企画します。 お楽しみに!

第一弾の申し込み期限は、9/11です。お早めに >> こちら


 

ソフィア・カールソン(Tonder Festival)

デンマークの南部、ドイツ国境近くで開催されている、Tonder Festival。 今年で35周年という歴史ある音楽祭。
昨年11月の来日以来、9カ月ぶりにソフィア・カールソンの演奏を見に行きました。北欧ではすっかり、スーパースターで、チケットもほぼ完売! 開演前から、待ちきれないお客が、手拍子のソフィアの登場を待つ人気ぶり。
ソフィアのステージは、日本で見た時よりもさらに、包容力が大きくなっていて、大きなコンサートで歌い続けているオーラが、ビシバシ伝わります。メンバーは総勢7名。 元SWÅPのギタリストIan Carrも参加し、バックも超一流のプレーヤー揃い。
とにかく、声の美しさは絶品です! こんな凄い人の来日に係れたんだ~と改めて感激と、感謝しながら楽しみました。
スウェーデン語のMCもかなりユーモアがあり、演奏とのコントラスが魅力のひとつです。
ソフィアもピアノを披露するなど、日本公演とは異なるプログラム。 2回スタンディングオベーションに応え、1時間30分を休憩無しで、ばっちり盛り上げてくれました~。

ソフィアカールソン.JPG


ソフィアカールソン 2.JPG

コンサート翌日、帰りの車でソフィアのCDを聴きながら、こんな素敵な虹に出会えました。
また来日が実現できる予兆を感じつつ…。

にじ.jpg
 

青いドレスの幽霊が…

デンマーク 中央のフュン島、オーデンセから車で約40分の「ホースレウ」という 姉家族が住む、田舎町に滞在しています。

そこまでも続く小麦畑の 程よい堆肥のニオイが心地よく。 ブルーベリーやコケモモなども自生し、食べ放題。路地の無地販売では、驚くほど新鮮な野菜を格安で手に入れる事ができる。
今日1日は音楽を聴く事がありませんが、鳥の声や風になびく葉音が心地よいのです。

写真は、近所で見学可能なお城 Harridslevgaard Slot
有名な観光化されたお城とは違い、不思議な生々しさがあり、チョット怖いです。
‘青いドレスを着たお姫様が現れる’と、町では有名な話。
ほとんど、日本人観光客は訪れた事がない、隠れた名所です。

DSCN3859.JPG

DSCN3876.JPG

DSCN3902.JPG

明日はいよいよ、Tønder Festival に行ってきます。


 

マニラ⇒バンコク⇒コペンハーゲンの旅

今回の旅は、タイ航空で、バンコクへ(途中マニラで燃料給油)。 そこで約10時間空港で滞在。その後、約10時間かけてコペンハーゲンへ。関西空港から24時間を超える長行程。

体力的にしんどいかなと、思っていたのですが…、バンコクでは、空港内でショートツアーを申し込めば、一般に出入国の手順を踏まなくても市内に出ることができます。 バンコク市内で、2時間のスパ&マッサージ、その後 屋台でタイ料理を楽しんで空港に戻りました。有効に過ごせば、何倍も楽しめるプランで、往復旅費 65,000円という超格安! 時間のある方は、おススメします。

バンコク.jpg

このバンコクまでの旅路で、たまたま隣の席でご一緒したのが、ヨガを取り入れたミュージックセラピーをされているヴォーカルの素敵な女性。 今からタイで、ワークショップを行い、400名タイのお客さんの前でコンサートするそうです。 ipodで唄を聴かせてもらいましたが、自然体の発声に驚きました。
何といっても嬉しかったのは、一番好きな唄い手が、親しくさせて頂いている奄美島唄の朝崎郁恵さんだそうです。 音楽に触れる旅のスタートです。
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32