ワールドミュージックタイム -雪と氷の音楽-

本日(2/9) AM10:00からNHK-FMで。
北中正和さんがご担当される、ワールドミュージックタイム。北欧特集です。
-雪と氷の音楽-というタイトルで、 とても良い選曲です。

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/text/p.cgi?a=001&d=2009-02-09&c=07&e=652
 

ヨイク

ノルウェーから、“ヨイク”のサンプルCDが届きました。
盤面デザインもいいですよね。
ヨイクは、北欧極圏の地域ラップランドに住む先住民族サーミ(サーメ)の歌唱法です。

素晴らしいアルバムで ちょっと 嵌りまくっています。
今年12月に <祈り>というテーマで コンサートを計画中なのです。



ヨイク
 

今年は ジャンゴ・ラインハルト生誕100周年です。

カメラマンの Skunk★Worldさんが、1月31日に神戸で開催された、
‘Django Reinhardt MEMORIAL LIVE’
ジャンゴ・ラインハルトの生誕2010年を祝うライブイベント の写真を送ってくださいました。

正直、名前だけのイベントかと思ってましたが、
ジュスカ・グランペール、カフェマヌーシュ、かとうかなこ が、しっかりジャンゴのルーツを感じるグルーヴで、熱気溢れるライブを展開してくれました! 素晴らしいライブだったなぁ。
企画された ニッチの皆さん ありがとうございました。

会場となった、カフェタリスマン。大きくないスペースですが、朱色で染まった壁が異国を感じさせとても良い空間です。 → 写真見てください

ジャンゴ・ラインハルト生誕100周年 かとうかなこ & カフェマヌーシュ

ジャンゴ・ラインハルト生誕100周年 ジュスカ・グランペール & かとうかなこ & カフェマヌーシュ
 

ローランドの軽量型 電子アコーディオン発売。

ローランドが開発を進めている 電子アコーディオン= V-Accordion。

http://www.roland.co.jp/VA/


昨日 上位機種 FR-1が発売になりました。

V-Accordion FR-1

正直、最初はとても使いづらく、なんでまたアコーディオンを・・。
と思ったりしたのですが、音質も蛇腹づかいも改良されてきました。
こうやって ローランドのシンセも進化してきたのかも。
重さも 5.5kgと超軽量だし、ヘッドホン使えるの夜の練習なんかにはいいと思います。

アコーディオンは重くて、大きな音がでる(家では練習しにく楽器)のが、魅力の様にも思っていましたが、時代にあった楽器なのかもしれないです。

かとうかなこの ローマで撮影したプロモーションビデオがここで見れます。

>> http://www.roland.co.jp/mov/page/FR-1/index.html?page=2&NB=no


 

ストリング・セオリー

これは、2月にエストニアより来日する ティトキカスのアルバムタイトル。

今月号のミュージックマガジンでは、石川真一さんから、8点の高得点でした!

エストニアの電気ヴァイオリン奏者の初アルバム。彼一人で、ヴァイオリンだけで総べて音楽を奏でた多重録音の作品だが、まるでギターや打楽器のような音色が重ねられたように聞こえるアレンジはユニークで、電気ヴァイオリンの多様な可能性を生かした構成や前衛音楽畑出身のようだが、ワウワウやカッティングの技法を巧みに応用するセンスはロックやファンクの感覚も十分身についている証明。現在のクラウス・シュルツらのプログレッシヴな音響トランス音楽にも通ずる。

2009/02/21(土) 東京 吉祥寺 スターパインズカフェ。

2008/02/22(日) 兵庫 川西 gallery&cafe HANARE



 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32