- Field Recording for Midsummer -

6 /1
​発売

北欧の季節を身近に感じて頂きたくて、 CDを作りました。

ジャケットデータ.jpg

1.  キューラ  0:50  ( Umeå / Sweden)
2.  トナカイ放牧  1:00  (Kautokeino/Norway)
3.   鳥の合唱と、雪解けの小川 6:13  (Mon/Sweden)
4.   サウナ  4:00  (Baltinava / Latvia)
5.   ガールズトーク  2:34  (Espoo/Finland)
6.   ヨイク  0:46  (Karasjok / Norway)
7.   焚火 1:49  (Baltinava/Latvia)
8.   山羊の角笛 1:56  (Trondheim/Norway)
9.   初春の穏やかな昼下がり  2:08  (Tromsø/Norway)
10. おじいさんの人生語り  2:00  (Ånge/Sweden)
11. 郊外の幼稚園  1:58  (Reykjavík / Iceland)
12. 春の森の歓喜  5: 00  (Skåne / Sweden)

1,600(税込・送料込)※200枚プレス限定

​クリックすると弊社BASEサイトにジャンプします。

商品の配送 定形外郵便です。お客様の郵便受けへお届けします。

北欧を訪れる度に感じるのは、暮らしの中にある音の豊かさでした。 郊外に出ればすぐに、日本では体験できない静けさに出会えます。風の音、虫や鳥の声、人の会話など、不思議と日本にいる時より明瞭に聴こえるのです。それぞれに不規則なリズムがあり、メロディーを楽しむことができます。

このアルバムでは、そんな北欧の自然音や、サウナの様な固有の文化、言葉の分からない母国語など、生活を感じる音をお届けしたいと思っています。 暮らしの音も「音楽」として感じていただきたく、語りや会話の内容は敢えて翻訳せず、鳥の種類なども明記を控えました。録音は高音質で収録したものではなく、現地に住む皆さんに初春~夏至に向けての日常にある音を収録いただいています。少しでも北欧の暮らしを身近に感じられるように、風合いを壊さない範囲でノイズを整理し、臨場感あるサウンドに仕上げました。

CONTENTS

録音場所:Umeå / Sweden

録音者:Eva Lestander

収録月:2021年5月

1. キューラ (0′50″)

日中に放牧していた牛やヤギなどの家畜を呼び寄せるために使われていた、女声の独自の唱法。 飼い主の声だけを認識します。

今はキューラができる方が少なり、貴重な録音。

12_春の森の歓喜.jpg

録音場所:Mon/Sweden

録音者:Yasuko Motonaga

録音月:2020年5月

3. 鳥の合唱と、雪解けの小川 (6′13″)

北欧というより、ジャングルの中にいるような鳥の合唱からは、待ちわびた春の到来の喜びを感じます。時折、蜂も飛んできます。小川に到達した雪解け水の勢いは、まるで春の息吹そのものです。

3-%E9%B3%A5%E3%81%AE%E5%90%88%E5%94%B1%2

録音場所:Espoo/Finland

録音者:Kardemimmit

録音月:2021年4月

5. ガールズトーク (2′34″)

フィンランドの若き女性カルテット「カルデミンミット」の日常会話。フィンランド語は母音のアクセントなどが、時に音楽の様に聴こえます。声の強弱やグラデーション、4人の話すタイミングはジャムセッションの様。

DSC09662_2.jpg

録音場所: Baltinava/Latvia

録音者:Asnate・Aurēlija Rancāne

録音月:2021年5月

7. 焚火 (1′49″)

ラトビアの夏至のお祝い「ヤーニ」。焚火を囲みながらラトビアの民謡「ダイナ」を歌います。この時、全ての罪と不幸を焼き払われ、幸運、健康、幸福をもたらすと信じられています。

7_焚火.jpg

録音場所 : Umeå / Sweden

録音者:Eva Lestander

収録月:2021年5月

9. 初春の穏やかな昼下がり ~飛行機音と雪歩き~ (2′08″)

初夏の昼下がり、溶け始めた雪を踏みしめる足音は、この時期の風物詩です。

郊外はとても静かで、雲ひとつない空を行く飛行機音がとてもクリアに聴こえます。

9-%E5%88%9D%E5%A4%8F%E3%81%AE%E6%98%BC%E

録音場所:Reykjavík / Iceland

録音者:Yuka Ogura

録音月:2021年4月

11. 郊外の幼稚園 (1′58″)

アイスランドの首都「レイキャビク」にあるチョルトニン湖から、徒歩数分の幼稚園に響く園児の声。 アイスランド語ですが、子どもたちの元気さは万国共通です。※写真は録音頂いた窓からの風景。

11_郊外の幼稚園.jpeg

録音場所:Kautokeino/Norway

録音者:Koji Tsuda

録音月:2019年4月

2. トナカイ放牧 (1′00″)

ノルウェー北部、先住民サーミの人々がトナカイと暮らす生活。溶け始めた雪を歩く数千頭のトナカイの鳴き声やベルの音、蹄がパチパチ当たる音など、広大なサーミランドの風景が広がります。

2-%E3%83%88%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%82%A4%E

音場所:Baltinava / Latvia

録音者:Asnate・ Aurēlija Rancāne

録音月:2021年5月

4. サウナ (4′00″)

北欧の文化であり、最良の健康法とされる「サウナ」。 古来より神聖な場所で、出産や亡くなった方を安置する場所にも使われました。熱したサウナストーンに水をかける音、白樺の葉で身体をたたく音など。

4_%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%8A_edited.jpg

録音場所:Karasjok / Norway

録音者:Hans Arild Holmestrand

録音月:2016年4月

6. ヨイク (0′46″)

サーミの人々が古来より口頭伝承で伝えた無伴奏の歌唱法。自然界との交信、モノの形容、コミュニケーションに使われてきました。北サーミの「Ailon Anne」というヨイクを、陽気に届けします。

6-%E3%83%A8%E3%82%A4%E3%82%AF_edited.jpg

録音場所:Trondheim/Norway

録音者:Hildegunn Øiseth

録音月:2021年5月

8. 山羊の角笛 (1′54″)

山羊の角笛の名手、ヒルデグン・オイセット。 角笛は、北欧神話の重要な局面で登場し、戦場での合図にも使われました。放牧や遠く離れた地域への連絡にも使われました。

春の滝の音を感じながらの即興演奏。

8-%E5%B1%B1%E7%BE%8A%E3%81%AE%E8%A7%92%E

録音場所:Ånge/Sweden

録音者:Lars Arvidsson

録音月:2021年4月

10. おじいさんの人生語り (2′31″)

1957年にスウェーデン中部の街、オンゲへ引っ越してからの人生や、定年まで働いていた鉄道の仕事のことなどを語っています。 ゆったりとした息遣いから深みのある人生哲学が伝わってきます。

10_%E3%81%8A%E3%81%98%E3%81%84%E3%81%95%

録音場所:Skåne / Sweden

録音者:Niklas Roswall

録音月:2021年4月

12. 春の森の歓喜 (5′27″)

トレッキングを愛する演奏家、ニクラス・ロースヴァルが自然保護区の森に入り鳥たちの世界へと連れて行ってくれます。近くで会話する鳥たち、遠くから聴こえる鳴き声もあり、秘奥の森を感じずにはいられません。

12_%E6%98%A5%E3%81%AE%E6%A3%AE%E3%81%AE%

名盤 SWEDISH BOX CD

​発売中
CD.png

商品の配送 定形外郵便です。お客様の郵便受けへお届けします。

SWEDISH  TRAD.  MUSIC

20年先も色褪せない、スウェーデンのトラッドCDを4枚セレクトしました。

CDボックスは、ボール紙を用いた風合いのある組箱に昔ながらの活版で印刷しております。ナチュラルな質感をお楽しみください。

CD_box_sample.png

3,000(税込・送料込)

​クリックすると弊社BASEサイトにジャンプします。

 

CONTENTS

北欧ボックスCD4枚組 ライナーノーツ付

夏至  MIDSUMMER

スウェーデンでは、クリスマスと並ぶ大切な日「夏至」。

冬の夜が長くて厳しいからこそ、日が沈まない白夜が どれほどの生命力が満ちるかを知っているのだと思います。

2000年-2010年 スウェーデンの伝統音楽が世界に知られるきっかけとなった夏至に聴きたい名盤を選びました。

1. フリート ~~揺蕩(たゆと)う / フリーフォート

Flyt / Frifot (2007)

スウェーデンのグラミー賞を何度も受賞しているフォーク界のレジェント。「愛すべき伝統音楽を次世代に伝える」熱意が世界中のアーティストに波及。日本でも多くのアーティストにカバーされている名曲「夏のワルツ」を収録。

FRIFOT.jpg

Ale Möller : mandola, flute, cow horn, shawn, vocal

Lena Willemark : vocal, fiddle, viola, flute

Per Gudmundson : fiddle, viola, vocal

1.  灰色のコート  Kappa Grå

2.  長靴  Gummistöveln

3.  野鳥 / ヘリエダーリンガル  Vildfågel / Härjedarlingarna

4.  私の太陽  Min Sol

5.  ウッラス・ペールが弾いていたポルスカ  Polska Efter Ollas Per

6.  ガンメルスパーケン  Gammelspaken

7.  秋か春  Höst Eller Vår

8.  フーベリスグッベン  Hobergsgubben

9.  ドイツの…  Tyskan

10. スヴェディンのポルスカ  Svedins Polska

11. 主を求めて  Jag Lyfter Mina Händer

12. エヴォルト・オースが弾いていたゴングロート  Gånglåt Efter Ewert Åhs

13. 夏のワルツ  Sommarvalsen

14. 牛の角笛ポルスカ  Polska På Kohorn

15. 夜の讃美歌  Aftonkoral

16. エンホルニンゲン  Enhörningen

17. ステンボッケン  Stenbocken

18. 雨の時間 / テップ・ヨンのポルスカ  Regnets Tid / Täpp Jons Polska

19. 詩 / 使い捨てポルスカ  Stäv / Slit-Och Slängpolska

20. 靴職人のワルツ  Skomakarens Vals

2. ソート 煤(すす) / ブート

Soot / Boot (2009)

スウェーデンのダンス音楽を、テンションと緊迫感で引き込むインストゥルメンタル作品。 伝統音楽が持つ「うねり」をよりダイナミックに強調し、ドラマチックな展開が繰り広げられる。トリオと思えないロック調オーケストラ。

BOOT.jpg

1.  Itku / Balkan

2.  Vallevalsen

3.  Soot

4.  Godrun

5.  Murven

6.  Pastillen

7.  Dino

8.  Lillasystern

9.  Samu

10. Getingen

11. Oxberg/Bingsjö

12. Rödhåringen

13. Stunden

Ola Bäckström : viola d’amore monderna, bosoki

Hållbus Totte Mattson : baroque mandora, baroque lute, baroque guitar

Samuel Andersson : tamburin, string drum, percussion, violin

3. 北緯63度からの歌 / トリアケル

Sånger från 63°N / Triakel (2004)

北欧の厳しい冬、また夏の太陽の恵み。スウェーデンの伝統曲を、歌とオルガン、フィドル(ヴァイオリン)だけで とてもシンプルに、かつ素朴に作り上げたアルバム。明るいだけでない北欧の陰も表現。

TRIAKEL.jpg

Janne Strömstedt : harmonium

Emma Härdelin : vocal

Kjell-Erik Eriksson : fiddle

1. 知ってる? Veit

2. ラーシュとマース N'Lars och N'Mas

3. フローラ村のリトル・ペー Lihll-Pe i Floa

4. リッルトーア,トーティッラ Lilltåa,Tåtilla

5. 隣人と友達 Grannar och vänner

6. 僕のメイド Min docka

7. 幼児殺しの母親 Barnamörderskan

8. 神の崇拝/ステーキソング Guds fruktan/Steklåt

9. 窓越しの恋人 Älskaren i gluggen

10.もう1日だけ Nu haver denna dag

11.若い農場夫 Den gråtande drängen

12.父のように Bli som far

13.ドゥング・ビートル(甲虫) Tordyveln/Polska

14.角質の男 Långmasaguten

15.さよなら友人たちよ Farväl alla vänner

16.イェムトランド地方 I Jamtlann

- Bonus Track -

17.朝焼け前 Innan Gryningen

4. モスキート・ハンター / スウォップ

Mosquito Hunter / Swåp (2001)

スウェディッシュ2人とイングリッシュ2人の混合グループ。 前例のない両文化の交じり合いは融合を超えて新しいジャンルとなった。

日本盤として「上を向いて歩こう」のアレンジ曲を収録。惜しくも解散となった伝説的グループ。

SWAP.jpg

Karen Tweed : accordion

Ian Carr : guitar

Carina Normansson : fiddle, vocal

Ola Bäckström : viola d’amore monderna, fiddle

1.  ジグ(ケッシュ・ジグ / バルーン / ミアズブルック)   Jigs / Kesh Jig / The Baroon / The Meersbrook

2.  アントン  Anton

3.  レクサンドのスタッファンの歌 / オンリー・ヴィヴェーカ Staffansvisa från Leksand / Only Viveka

4.  マスター・クローリーズ / ア・パケット・ア・イヤー / ビンシェー・リール Master Crowleys / A Packet a Year / Bingsjö Reel

5.  太平洋には飽きない I'm Not Fed up with the Pacific Ocean

6.  サワークリーム  Creme Fraiche

7.  フィスクモース  Fiskmås

8.  モスキート・ハンター  Mosquito Hunter

9.  スキヤキ・リール / スキヤキ・ソング(上を向いて歩こう)  Sukiyaki Reel / Sukiyaki Song 

10. このペンは私のだってば  This Is My Pen

11. ミズ・DK  Ms Dk

12. オールド・ヘイルズ  Old Hales

13. 粉だらけの粉屋 / 三羽のからす / セーローテン  The Dusty Miller / 3 Ravens / Sölåten

お取扱い店

kotologo_b.jpg

店頭でCDセットお買い上げの方に、冬は防寒対策にもなる“北欧スタイルの包装”で お花一輪プレゼントいたします。

  • Facebook
  • Instagram
ことの葉1.jpg
ことの葉2.jpg
one_flower.jpg