ハーモニーフィールズ

<静寂の音 -Quietness->


 「静寂」 と「音楽」、相反する環境が出会う時。

世界には、人と会うことすら少ない環境で生まれた音楽がある。。
森、大平原、雪山、孤島など...
届ける対象は、周りの木々や湖、そして自分自身であった。
都会に居ながら、彼らが生まれ育った音楽に身を寄せる、
「静寂の音 -Quietness-」シリーズ 。

<静寂の音 -Quietness-> ハヴェロの森 Forest in Haverö
ヨーラン・モンソン ソロ Göran Månsson SOLO

「今日は家の前を車が通ったかな?」 そんな何げない会話が衝撃だった。
スウェーデン中北部、静かな森と湖の村<ハヴェロ>。
ここハヴェロで、四代にわたり伝統音楽を受け継ぐ家系に生まれ育った。
葉音、風の音、鳥の声、雪の降る音、狼の遠吠え、枝が折れる音、
そしてヨーラン・モンソンの笛の音。

◎Två kringpolskor efter Per Jonas Lång / Göran Månsson SOLO
◎S:t Göran och draken / Göran Månsson SOLO
◎Mammut / Göran Månsson SOLO
◎Tokryck / Göran Månsson SOLO